招待状を書く時のマナー

心を込めて招待状を作成する

手書きのメッセージが良い方法

最近は、パソコンで招待状を手作りすることができます。
全て手書きにするよりも楽なので、パソコンを使うカップルが増えています。
ですがメッセージぐらいは、手書きで書いてください。
メッセージを書いても、パソコンで書くと無機質に見えるので気持ちが込められていないと感じます。
そんな招待状を受け取っても、相手は大事にされていないと思ってしまうでしょう。

手書きのメッセージを書くことで、参加してほしいという気持ちが伝わります。
相手も、ぜひ参加したいと思ってくれるはずです。
たくさんのゲストに招待状を送る場合は、それぞれに長い文章を書くのは大変です。
短いメッセージで良いので、感謝の言葉などを招待状に書き加えましょう。

子供にもメッセージを送る

ゲストの中には、小さい子供もいるでしょう。
子供が結婚式の最中に騒いでしまうことを恐れて、参加を控える人もいます。
気軽に参加できるよう、子供にメッセージを書いても良いですね。
子供でも楽しめるような結婚式だから大丈夫でと書くと、子供は楽しみになりますし親は安心して参加させることができます。

子供にメッセージを書く際は、漢字をあまり使わないようにしましょう。
ひらがなを使って書くと、子供でも読めます。
また難しい表現方法を使わないことも意識してください。
大人に向けたメッセージでは、子供が理解できません。
相手の年齢に合わせて、メッセージの書き方を変えましょう。
みんなに同じような文面では、気持ちが伝わりにくいです。

TOPへ戻る