招待状を書く時のマナー

いつ招待状を出せば良いのか

結婚式の2か月前までには送ろう

海外で結婚式をすることになると、休みを多く確保しなければ参加できません。
挙式の2か月前までには、招待状を送ってください。
それなら海外挙式をすることになっても休みをしっかり確保して、参加してくれるでしょう。
招待状ぐらい、すぐ作れると思って油断しているカップルが見られます。
ですが意外と難しく、完成予定の日までできないかもしれません。

また予定の日まで間に合わないと、雑に仕上げてしまう人が見られます。
それは、絶対にしてはいけない行為です。
雑に作られた招待状を見ると、ゲストは参加したいという気持ちが失せます。
時間を掛けて丁寧に作った招待状を送ってください。
作成に時間が掛かりそうだと思ったら、早めに作りましょう。

テンプレートを決めて作成

結婚式の招待状を簡単に作成できる、パソコンソフトがあります。
テンプレートを決めて、名前を入力すればすぐに完成します。
時間が無いカップルや、全て手書きにする時間が無いカップルはそのようなパソコンソフトを使いましょう。
テンプレートはたくさんあるので、自分たちらしさを演出できると思います。

スポーツなどを通じて、知り合ったカップルもいるでしょう。
テニスや野球などのスポーツがモチーフになっているテンプレートもあるので、個性を発揮してください。
また、人気のキャラクターが記されているテンプレートもあります。
キャラクターが好きなカップルにピッタリですね。
個性を発揮することで、楽しい海外挙式だとアピールできます。

TOPへ戻る